ダイエット情報

放射能と弁当

福島の原発事故はテレビ新聞で報道されている事実よりはるかに大きく、深刻なようです。農産物 水産物への影響も大きく お弁当作りにもかかわってくる問題です。

最近あった事例ですと、卵の産地の問題がありました。その卵は福島県の原発から30キロの養鶏所から送られてきたものでした。放射性物質の汚染されていないむきの証明書が添付されていましたが、業者さんに言って養鶏所を変えていただきました。

自宅でしたら、使っていたであろうこの卵の問題ですが。子供から高齢の方妊婦さんや若い女性の方にも召し上がっていただくお弁当としては、とても考えさせられる問題です。

新聞テレビは、これを風評被害といいますが、実際に小さな子供をお持ちのお母さん方には実際に害のある問題です。

お弁当の経営者としての判断の基準は安全です。現地で安全検査をしたものが東京都で検査したら検出されたなど、検査のダブルスタンダードが一番判断を厳しいものに傾かせる原因でもあります。

かようなわけで、福島県の卵の使用を経営者としては見合わせました。

他にも気にしなけばならないものは沢山ありまして。産地を見てとりあえず判断するしかありませんが、混ぜられたらわかりませんし。外国産イコール放射能汚染されていないというのも、なんだか釈然としません。

お子お弁当を食べる子供 病弱の人などを頭に描きながら今日も産地に目を凝らしています。

お弁当とダイエット1

お弁当とダイエット2

お弁当とダイエット3

お弁当とダイエット4

お弁当とダイエット5

お弁当とダイエット6

お弁当とダイエット7

お弁当とダイエット8

外食と健康 塩分


栄養と調理 ダイエット・食育.日本の農業 勉強することが一杯です