ダイエット情報3

お弁当とダイエット情報7

塩分を考える

コンビニや市販の食事は、当たり前のように”おいしさ”を追求して作られています。このため 美味しさを感じやすいように甘みと塩加減がぎりぎりまでされています。

人工調味料についても、旨味成分をかなりいれていますからカップラーメンやポテチ・肉まんなどをを食べ過ぎた後に気持ちが悪くなるのはそのせいです。

家庭のご飯は、家族の健康を考えて作られているため、この限りではありませんが、外食に慣れるとこの味の濃さ(塩分濃度)に慣れてしまっていますから、自然な素材の美味しい出汁などでは、美味しさを感じることができません。

少し物足りないほどの塩分、しっかりきいたお出汁 真のおいしさを感じる為にも、たまには自炊して、こんなお吸い物を造ってみましょう。


栄養と調理 ダイエット・食育.日本の農業 勉強することが一杯です